ド素人でも電気二種工事士受かりました

公開日: 

皆さんご機嫌いかがでしょうか、ちゃんぷるブログのヒャハです。

 

先日行われた、平成29年度電気二種工事士実技試験、どうにか合格したので記録していきたいと思います。

 

●実技までの練習量

この試験は候補問題として13問出されているので事前の練習次第で合格に近づくことができます。

とりあえず、筆記試験が終わってからの間に過去問2週行いました。複線図や実際の施工は頭でわかっているつもりでも、手を動かさないと意味がないので、机上の勉強よりも実践を兼ねてやったほうがいいと思います。

 

僕はホーザンさんの工具を買ったので、DVDがついていました。それは短縮版だったのですが、ユーチューブに完全版があります。

とても丁寧に教えてくれるのでお勧めです。

 

始めは寸法を覚えたりして大変ですが、過去問を2回すると、苦手な作業や問題がわかるのでそこを重点的にやればいけます。

 

●一発勝負の緊張感

試験当日までにはおそらく受かるだろうと思っていましたが、例年は軽微な間違いを1~2個しても受かっていたのが、今年の試験からは「一つのミスも許されない」というようになったのでプレッシャーは半端じゃなかったです。

実際、練習では手汗なんてかかなかったのに、当日は汗で滑って被覆が向きにくくなるといったような異常事態も発生しました。

 

その分試験内容自体は簡易なものが出ると予想していましたが、ドンピシャで簡単な内容の問題でした。

 

●絶対にどこか間違っていると思え

上で書いたように、ミスは許されないながらも内容は簡単でした。

時間も10分ほど残して終わったので余裕をかましていました。が、「絶対大丈夫だけど、一応見直してみるか」と細部まで見てみると、軽微な欠陥が一つ見つかりました。

その時点で残り5分だったので、急いでリカバリーしました。調子に乗ってそのまま出してたら落ちてましたね。

 

 

 




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑