複利投資の強力さを実感してきた

公開日:  最終更新日:2017/04/01

皆様ご機嫌いかがでしょうか、ちゃんぷるブログのヒャハです。

今月から1か月の不労所得をサイドバーに記入するようにしました、まだまだこれだけで生活できるレベルではないですが、「複利」のありがたさがやっとわかってきました。

 

●最初のころは

始めて物件を購入して家賃収入をもらったときは「こんなに苦労して月のプラスが一万円か。」なんて思っていました。

人生で初めての借金&不動産購入でしたから、そこに行くまで相当なストレスを感じていました。何度「やっぱりやめようか」と考えたかわかりません。正直契約の前日までその胃が痛くてしょうがありませんでした。

あまり自己評価の高くない僕ですが、あそこで踏ん張ったのは人生のファインプレーだと思います。

 

●月3万を超えると

だんだんと存在感が大きくなっていきます、いつもと変わらない生活をしているのに貯金する額が増えてくるんですよね。

そうなると複利の「次の投資までの期間が短くなる」という真価が発揮します、

2017年3月現在、毎月10万円程度の不労所得があるので、手に入れる前は年に50万円貯めるのも精いっぱいだったのに、今では特に意識せずとも100万円は貯まります。

よく考えたら月10万円って主婦がパートしている平均額と同じくらいなんですよね、しかも不労所得は飲み食いしないし、遊びもしない。

純粋に10万円貯まるので、月の給与で貯めているときよりスピードが早い感じがします。

むしろ、不労所得分+多少の給料で慎ましい生活をして、その他の給与を再投資に回しているくらいです。

 

●まとめ

無責任に他者へ投資を進める気はないですが、僕にとってこの感覚は人生を豊かにするに重要なことだと思います。

株やFXなどで注目されがちな複利ですが、不動産でも十分効果を発揮します。



シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑