10回程キャッシュフローゲームをやった僕なりの攻略法と裏ワザ

公開日: 

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK39_toumeinadice-thumb-1000xauto-16121

以前、初めてキャッシュフローゲームをプレイしたという記事を書きましたがあれから10回程プレイしてみて感じたことと、攻略法を備忘録がてら書いていきたいと思います、ちなみに101の方です。

 

●どちらかと言えば

収入の低い職業の方がファーストトラック(第一目標)に速く行ける傾向にあります。

収入が低い代わりに支出が少なく上がりに行くまでの不労所得があまり必要ありません、これは前回と大体同じです。

 

●勝つためにはローンが大切

特に序盤は不動産を買う時に資金が足りなくても積極的にローンを組むべきです。

「資金が出来たら買おう。」では遅いです。

 

もし頭金$8000、キャッシュフロー$320の物件の購入を検討する時、手元に$5000しかなくてもいいんです。

銀行から$3000借りても毎月のローンは$300なのでキャッシュフローは+20になります。

それに加えマーケットのカードを引いた際に売れることもありその際の利益は数万ドルになる事が多いです、収入・支出の低いプレイヤーが数万の資金を手にすると次のターンで一気に上がれる可能性があります。

また、収入・支出の多いプレイヤーもこれを繰り返すことでキャッシュフローを増やして行けます。

 

確かに、手元の資金が目減りする、ダウンサウジングの時に支出が増えるというリスクはありますが、それを考慮してもローンで買う価値はあると思います。

 

 

●後半の株売買は控えめにする

101版では株の売買はOppotunityのスモールにしか出てきません。

 

株の良い所の一つに「他の誰かが引いても売ることができる」ことがあります、前半は全体的にスモールを引くことが多く、株のカードの出る確率も多いので売りに関しては積極的に参加できます。

 

しかし、後半になるとビッグを引く人が多くなり、相対的に株のカードが引かれる回数は減っていきます。

そうなると自分の買った株を売りたい時にあえてスモールを引かないといけなくなります、資金が多い状態で出るかわからない株のカードを自ら引いていくのはもったいないと思います。

もちろん後半になっても資金が少なかったり、他のプレイヤーがスモールを引いていれば十分買うに値することもあります。

 

●裏ワザ

というかかなりセコイ技なのですが、キャッシュフローゲームをしていて株のカードを引いて$1や$5で帰る時「ローンしてでも買いたいのに!」と思った事ありませんか?

しかし、不動産と違い株はローンを組むことができません。

 

ただ条件がそろった時にローンを活用することができます。

その条件とは「次のPAYDAYから7マス以上離れている。」「振るダイスは一個。」の二つです。

要は一発でPAYDAYまで行けない位置にいればいいです。

 

その状態で「ダイスを振る前にローンをする。」だけです、人それぞれですがローンの額はキャッシュフローが$500になるまでくらいがいいでしょう、もちろんそれ以上リスクを負っても良いですし、もっと減らしても構いません。

 

この状態でダイスを振り、狙い通りいい値段の株が出たらもちろん大量に買う。

もし、でなかったらそのターンエンド前にローンの分をそのまま返せば、+-0なのでなんのコストもかかりません。

 

ただ、この方法の欠点は「周りから白い目で見られるかもしれない。」ということと「実際の投資ではタブー」な事ですね。

僕はウェブでやっているのでいいのですが、実際のゲームでやると面倒ですし、ギャンブラーっぽく見られるかもしれません。

 

●まとめ

何回やっても新しい発見があり、楽しいです。

また、役に立ちそうな情報があれば更新していきます。

 

スポンサードリンク




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑